レイクの審査と在籍確認について

借り入れを始める時、審査の有無は注目のポイントですが、レイクで融資を検討している場合も当てはまります。

 

結論から述べれば、レイクにも収入や信用に関する審査はあり、在籍確認も行われる可能性があります。では、融資前に確認を行う理由としては、幾つかのポイントを挙げる事が出来ます。

 

一つ目は、消費者が申し込んだ書類に不備はないか、そして書かれている内容が正しいか確かめる事になります。無担保で保証人不要である以上、返済の担保代わりとなる収入源は重要で、レイクにとっては融資を判断する決め手になり得ます。また、嘘偽りのない書類の申請は、金融会社と消費者を信頼関係で結ぶ切っ掛けに変わります。つまり、審査は初めての利用者を詳しく理解したり、融資を行う信用に値するか見極める手段といえます。

 

二つ目のポイントは、第三者が消費者の存在を認める事、これ自体も在籍確認を行う理由になります。融資を希望してレイクに申し込んだり、書類が提出された時点では、まだ不明確な二者間だけの関係性しかありません。一方で、審査を進める段階においては、借り入れの履歴であったり、信用度に関する調査が行われます。

 

しかし、在籍確認の段階に進まなければ、本人に近い人に確認されたり、存在が認められる事がなくなります。在籍確認が完了しない状況の問題点は、過去に一切の借り入れがない場合、履歴の参照すら難しくなる点にあります。金融会社にとって懸念事項であり、審査を経て融資を認める事が困難になります。消費者にとって幸いなのは、確認作業が行われる際、様々な配慮によってプライバシーが保護されている事です。

 

通常、在籍のチェックは電話で行われますが、相手に名前を告げる時は個人名で、金融会社の名前が出る事は一切ありません。突然書類が郵送されたり、借り入れを仄めかす会話が行われる心配も無用なので、確認が必要でも安心して任せる事が出来ます。就業時間中は、仕事以外の長電話は出来ませんが、確認作業は本人であるかだけなので、手早く済む点がメリットになります。在籍確認が全く無い金融会社は、無担保で融資をする事になるので、消費者にとって逆に不安材料が増加します。予め確認したり、存在を認めて貰える事は、逆に借りる側の安全に結びつくので、安心して借りる結果が実現します。

 

レイクは知名度と共に、多くの顧客に融資を続けている実績を持ちますが、選ばれている理由には安心して受けられる確認作業にもある事が分かります。